1802-010:育つもの朽ちるもの荒れるもの

『ダメージビートル』
不法投棄された車のある空き地を模倣して作り始めたアクアテリア
毎日見ていると気付かないのだが、ビートルは想像以上に朽ちていた。
人生は、そうあらんことを
大きくなった奴が、我が物顔で泳いでいる。

facebookで最後のプロジェクトのメンバーで
幼い新人だな~と思ってたM君が
会社を辞めたことを知った。
やるね(゚д゚)!考えれば彼も、とうに30歳を越えているしね。

f0233328_09535160.jpg





『今度はRICCIA』
アクアテリアを断念したわけでは無いが、
この趣味は中々手ごわい(≧▽≦)
以前、流木に巻き付けたウィローモスもすっかり姿を消した(ーー;)
二酸化炭素が足りなかったからに違いない

今度はバブルも完璧だし、雑草のごとく育つ水草に苦慮してる。
ならばリシアに挑戦してみる。
RICCIAは浮き草なので流木に専用の糸で縛ってやる。
踏みつけても大丈夫な何とか眼鏡を掛けないと難しい(≧▽≦)
まあ、こんなもんかな?
f0233328_09534573.jpg
『朽ち方』
完成した流木を水槽に戻す(。◕ˇдˇ​◕。)/
雑な作業なので、糸の隙間からRICCIAが外れ水面に漂う
元来、浮き草なので水面でも育つかもしれない?などと思う( ̄д ̄)

陽の届かない朽ちた森を模した2016の暮れ頃は
極めた気がしてたのだが(゚д゚)!一年過ぎると無残である。
ビートルだけが時の流れを証明している。
リセットするか?とも思ったが、寒いので
RICCIAが育ってから暖かくなってから、と先送りにする。( 一一);
f0233328_09534851.jpg

[PR]
by Boo_yan | 2018-02-10 10:00 | アクアリウム | Comments(0)
<< 1802-011:案の定とは予... 1802-009:クッキングス... >>