1712-194:寒空に屋根葺きひねもすのたりのたりかな

『日本瓦の屋根葺き』
我が家の屋根は和瓦で葺いてある。
昔ながらの和瓦は100年持つと言うが、古びた日本瓦の屋根葺きは美しい。( ̄д ̄)

口惜しくも、そんな味がある屋根になるまでこっちとらが元気なはずも無いがヾ(≧▽≦)ノ
家を建てる時、最も意識したのが和瓦和瓦だった。
f0233328_12152111.jpg




『太鼓屋の屋根』
斜め前の新築のご近所さんは、モダンな長い片流れの屋根を持つお家
そのものすごく長い屋根に、ものすごく長い金属板の屋根板( ̄д ̄)

この長い屋根に日本瓦を葺くと、bokuさん夫婦と行った美保神社傍の
青石畳通りのにあった太鼓屋のようになるのにな~。憧れたな~(。◕ˇдˇ​◕。)/
多分、ガルバリウム鋼板の板だろう。
f0233328_12151845.jpg

『ガレージ屋根葺き』
我が家のガレージもガルバリウム鋼板の屋根葺きだ(。◕ˇдˇ​◕。)/
ガルバリウム鋼板の屋根は、何といっても耐久性が高い。
50年は持ちますよ!と工務店の社長に言われた記憶がある。
何といってもアメリカバイクとドイツの車の車庫に和瓦葺きは似合いませんから(^^;)
しかし、粗末なガレージでは大雨降ると雨音が凄いです(ーー;)

f0233328_12153023.jpg

『モダンか超古民家風か』
突然真向いのお家に足場が組まれシートに覆われ工事が始まった(゚д゚)!
とかく戸建ては手が掛かる。メンテナンスをしないと美しさを保てない(ーー;)
訊ねると屋根を再塗装するそうです。
傾斜が凄いモダンなお家なので足場が必要なんだ(゚Д゚)ノ
子のお家、多分、築20年以上は経つているでしょうかね?
このハイカラな家に和瓦の屋根葺きは似合わんけど、

これまたbokuさん夫婦と行った白川郷の合掌作りの家のような
藁ぶきは似合うかもと、また昔の思い出に迷い込む(^^;)

f0233328_12152447.jpg
『コロニアルかな』
シートは外され、足場の撤去が始まった(^^)/
そこには再塗装され見事に綺麗になった屋根が(^^♪
こちらの屋根材は「コロニアル」かな?
知識はほとんどないけど、コロニアルだと寿命が短いし
景観維持のため定期的な再塗装が必要と聞いたことがある。
その分、何度も新築気分を味わえる訳だ(^^)v

雨風凌ぐための主役、屋根葺きは奥が深い。
薪小屋の屋根でさえ苦労した(゚Д゚)ノ
f0233328_12152711.jpg


[PR]
by Boo_yan | 2017-12-19 12:21 | House | Comments(0)
<< 1712-195:暇な神様達を... 1712-193:戌年の新年祈... >>