1710-163:重荷を掛けるには強い下地がいる

『たかが真鍮のフック( ◠‿◠ ) 』
今週、門司港GrandMarketで買った真鍮のアンティークなフック3個

たかが、フック。
されど、これはこれで頭を悩ませる問題が(゚Д゚;)
f0233328_13035343.jpg




『奥深さを探すDIY』
この部屋は、クローゼットを作ってないので
壁にフックを付けたいと思って買ったのです(゚Д゚)ノ
そんなの簡単じゃん。と思うでしょう(。◕ˇдˇ​◕。)/

f0233328_13035954.jpg
『建築構造研究』
部屋の内壁は、梁と間柱に枠を作って筋交いを入れ
ボードを貼って断熱材として羊毛を詰め込み
またボードで塞ぎ、目地を埋め壁紙や漆喰など塗ってる訳です。
f0233328_13041252.jpg

『下地が重要』
壁にフックや棚などを後設置する場合、このように
事前に下地を作ってもらう必要があるんです(。◕ˇдˇ​◕。)/
下地が無いと荷重に耐えきれず脱落してしまうかもしれません。
設計図を引っ張り出して、ここ下地あったっけ?
あっ!無い(゚Д゚;)

f0233328_13041539.jpg

『下調べに新兵器を調べる』
下地のないところにフックを付けると、
糠に釘。ボードに木ネジです(゚Д゚)ノ グラ。グラ。
ちょっと重いコートを掛けると脱落してしまいかねません(^_^;)
となると、枠となる柱や筋交いに装着する必要がありますが
壁の中から、見えない間柱や筋交いを探すのは至難の業です(^_^;)
で、新兵器をポチリました(*^^)v

f0233328_13035602.jpg

『ここにあるゾの矢印』
壁の上からスライドすると
下地の境界を示してくれる下地センサーなのです(*^^)v
これで簡単に、間柱や筋交いの位置を教えてくれます。

f0233328_13040650.jpg

『完成にニンマリ( ◠‿◠ ) 』
ハイ!この通りちゃんと、しっかりと下地の上に
2つのフックが付きました(*^^)v
ハンガーを掛けて( ◠‿◠ )

f0233328_13040322.jpg

『派手なシャツ』
残った一個はここに(^^)/
ここは、事前に下地を張ってもらってましたので適当に(*^^)v
なによ!そんな派手なシャツ。そんなところに掛けないで(゚Д゚)ノ
と声が聞こえそうなので、シャツは撤収か?(^^ゞ

せっかくセンサー買ったから、どこかに棚でも付けようか
じゃないと、高い高いフックになりますから。(^_^;)

f0233328_13041053.jpg


[PR]
by Boo_yan | 2017-10-25 13:14 | DIY | Comments(0)
<< 1710-164:近め霞む秋晴... 1710-162:旧松本家住宅... >>