1707-097:天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり

『防衛相を辞任の弁』
見よ。この笑顔。
この笑顔が、日本の防衛大臣職を辞任した者の振る舞いか(ーー;)
怒りで、目の前の撮影さえ手ブレしてしまった( `ー´)ノ
防衛相を辞任した稲田朋美氏は28日の記者会見で、
防衛相時代の約1年間を振り返って「反省すべき点も多々あった。
やるべきことはしっかりやったという意味で悔いはありません」と語った。

※産経新聞
稲田氏は防衛相として過去に経験したことがないであろう逆風にさらされた。
崖をはい上がれず、信用もろとも谷底に落ちてしまった。
それは自らが招いた結果でもある。
不安定な国会答弁や自衛隊の政治利用と見られかねない失言、
防衛省・自衛隊幹部らへの態度、数々の服装…。
それら一つ一つが積み重なって人が離れてしまった

f0233328_09330537.jpg





『雲泥の差』
曖昧な観察結果。
そして、陸自トップの岡部陸上幕僚長と防衛省の黒江事務次官が
辞任を表明した。
陸上幕僚長と事務次官が辞任と言うのは大臣職の辞任の意義は大きく異なる。
職を失うのである。 引責の重たさから考えても
大臣経験者の国会議員として引き続き先生と呼ばれ続ける稲田議員とは雲泥の差である。
議員を辞任すべきと思うが( `ー´)ノ

f0233328_09330999.jpg
『任命責任』
陸上幕僚長と防衛省事務次官と言う職は、ただ選ばれたとか合格したというレベルで
成れるものではない。秀でた才能と何十年と言う継続した努力により与えられた役職である。
どちらが、日本の国家にとって大きな損失なのかは自明の理であろう。
日本国家の財産と言うべき人間をいとも簡単に辞めさせるのである。
そうです。そうなった原因を作ったのは貴方なのです。
智慧を施した知行でしょうが、神妙な振りした貴方の答弁としか見えず、
総理大臣閣下が策した多くの無知なる人選が政治家への不信を増大させ、
その不信を払拭することを困難にしていることにお気づき下さい。(ーー;)
f0233328_09331237.jpg

『愚かなる思想』
私が幼少の頃、自民党員であった父が、ある選挙で
「お前たちを戦争に行かせたくないから、今回は共産党に投票する」
と言ったのを何故か覚えている。

一握りの人間のために。世界は再び不安定な状況に陥ってしまっている。
「學問を勤て物事をよく知る者は貴人となり富人となり」
故郷の偉人であるが、私はこの著書が嫌いである。
愚かな貧困な時代の貧困な思想だと思うから。

f0233328_09331566.jpg

※学問ノススメ
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり
されば天より人を生ずるには、萬人 皆同じ位にして、
生まれながら貴賤上下の差別なく、萬物の霊たる身と
心の働を以て天地の間にあるよろずの物を資り、
以て衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨をなさずして
各安樂にこの世を渡らしめ給ふの趣意なり。
されども今廣く此人間世界を見渡すに、
かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、
富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、
其有様雲と泥の相違あるに似たるは何ぞや。
其次第甚だ明なり。實語教に、人学ばざれば智なし、
智なき者は愚人なりとあり。
されば賢人と愚人との別は學ぶと學ばざるとに由て出來るものなり。
又世の中にむづかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。
其むづかしき仕事をする 者を身分重き人と名づけ、
やすき仕事をする者を身分輕き人と云ふ。
都て心を用ひ心配する仕事はむづかしくして、手足を用る力役はやすし。
故に醫者、学者、政府の役人、又 は大なる商賣をする町人、
夥多の奉公人を召使ふ大百姓などは、身分重くして貴き者と云ふべし。
身分重くして貴ければ自から其家も富で、
下々の者より見れば 及ぶべからざるやうなれども、
其本を尋れば只其人に學問の力あるとなきとに由て
其相違も出來たるのみにて、天より定たる約束にあらず。
諺に云く、天は富貴 を人に與へずしてこれを其人の働に與る者なりと。
されば前にも云へる通り、人は生れながらにして貴賤貧富の別なし。
唯學問を勤て物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
無學なる者は貧人となり下人となるなり。


[PR]
by Boo_yan | 2017-07-29 09:46 | 呟き | Comments(0)
<< 1707-098:眠れる資産は語る 1707-096:位を取ったら... >>